奇跡の木Neemとは?マラリア対策にも、農薬としても使えます!

      2016/02/21

Neemの葉
Reprinted from the JUNE 2004 issue of Orchids — The Bulletin of the American Orchid Society. Copyright American Orchid Society — www.aos.org  

 

「Neem?ニーム??未確認生物の名前・・・?」 名前を聞いてこう思った方はいらっしゃいませんか? 私は思いました。笑   専門家の方に英語の資料をいただき教えてもらったのですが、このNeemすごいです!

マラリアの治療、農薬として、スキンケア、健康維持に使えるという素晴らしい植物らしいです。農業が主要産業であるマラウイ(というかアフリカ諸国)では大活躍しそうなこの植物を紹介していきます!

SPONSERD LINK

Neemって何?

紹介してもらったサイトはこちらです。(英語です) Neems The eye Malawi ざっくり訳してみると

・4000年以上前インドの人々はNeemの葉をマラリア治療に使っていた

・マラウイでは、マラウイ湖沿いや温暖な地域で育つ

・非生産的な土地や砂漠地帯でも育つ

・Neemの落ち葉は酸性土壌を中性化する

・Neemの葉から取れるMargosa油は、数世紀にわたってハンセン病の治療に使われてきた

・非発がん性物質で消毒効果があるので、現在のインドの練り歯みがき、石鹸やローションに含まれている

・シラミにも効果がある

・人体には無害で、バクテリアを破壊し200種類以上の害虫の生育を抑制する

などなど・・・ 何だかすごい有用な植物ではありませんか!?読んでいてウキウキしてしましました。笑 その他、こちら(NPO法人日本ニーム協会)を見てみると、

広く東南アジアから中近東に自生し、神秘の樹木として古代より崇められてきました。とくにインドでは街路樹として身近にどこにでも見られ、樹皮、種子、実や葉などすべてに薬効があるとされ「ミラクルニーム」といわれています。インドのアーユルベーダー(生命科学。紀元前から続くインドの伝承医学)には欠かせない神秘の薬として古くから珍重されている。 樹木全体に含まれる苦味の成分を害虫が嫌い、有機農業の防虫対策にとて有効。(中略) イナゴも食べなかったというニームも、人間が生葉で食べたり、お茶にして飲んでも害がないどころか、薬効に優れている万能薬。また、ニームには多くの種類があり、害虫に効く種類と効かない種類がある。さらに同じ種類のニームの葉でも薬効は、樹齢15~30年の青年期ものが大きく、若木は小さい。(原文のまま引用)

と紹介してあります。こちらの団体は「ニームは地球を救う」という本まで出版されているようです。  

農薬としてのNeem

特別ミネラル栽培というHPでは、農薬としてのNeemの特徴を下記3つ挙げています。

・作物に害虫が寄り付きにくい環境を作る忌避作用

・害虫に食欲減退をもたらす拒食作用

・ホルモンの働きを抑え害虫が成長しづらくなる脱皮阻害作用

人体や動物には無害。しかもニーム顆粒は病菌や土壌害虫を発生しにくくするという土壌改良効果もあるそうです。

Neemに含まれるアザジラクチンが作用している

アザジラクチン

Wikipediaアザジラクチンより

このアザジラクチンが、農薬としてのNeemの効果の原因となっているようです。 人体に無害なのは、このアザジラクチンが生分解性であることによるようです。

土壌中で発菌抑止力のある放線菌を活性化させる働きがある上に、害虫に摂食障害や産卵・孵化阻害をもたらすとのこと。

日本でも、厚生労働省が「人体に害を与える恐れがない65物質」に「ニーム」と有効成分「アザディラクチン」を指定したことから、注目が集まっています。 ニームリッチジャパンより引用

とのことで、アフリカだけでなく日本でも今後注目の植物ではないでしょうか。  

スキンケア等に使えるNeem

Neemの葉やら枝を使用して、下記の様な症状に効果があるそうです。簡単に紹介まで。

ふけ、抜け毛、頭皮の感染症 歯ぐきの疾患、歯のゆるみ、口臭 のどの痛み・炎症 腺の浮腫、吹き出物、梅毒、発疹、潰瘍、傷 皮膚のかゆみ、皮膚の感染症、足の裏のひびわれ 皮膚の損傷、ふさがりにくい傷 Jiva Jpan Ayurvedaより引用

 

Neemは地球を救う?

トマト

Neemの葉も枝も様々な用途・効果がある点では、モリンガに似ているなあと思いました。(成長が早く、栄養価が高いので薪としても使えるし、栄養補助食品にもなって、AIDS患者用の食品としても利用されている。モリンガも奇跡の木と呼ばれています。)

上述した日本ニーム協会の本ではありませんが、『ニームは地球を救う』と言っても言い過ぎではないように思えてきました。 配属先の同僚に聞いたところNeemを知っていて、任地の周辺でも生えているところがあるようです。

活動計画として、『農家の収入向上・生活改善』を一つの目標にしたので、Neemを活かせないか、探ってみようと思います。 もしNeemに詳しい方がいらっしゃいましたら、色々教えていただけると嬉しい限りです。

 

Zikomo!(マラウイのチェワ語で、ありがとう)

 - 農業 , , ,