青年海外協力隊ブログは読まれていない?ブログランキングの分析と提案

      2016/02/21

調べる

「有名なブロガーはたくさんいるけど、協力隊ブログの有名人っているのかな」

そう思い、「協力隊、ブログ、有名」でGoogle検索してみました。

検索

1,2番目はブログ村というランキングサイトです。青年海外協力隊のブログは1ページ目には表示されませんでした。

「協力隊の隊員ブログで有名なブログはない」という結果でしょうか。前から、協力隊のブログは読まれていないという印象があったので、この際検証してみました。 

今回言いたいことは、「協力隊のことを多くの人に知ってもらうためにも、より良いブログ作りを隊員ブロガー同士で意識してやってみませんか?」ということです。文面だけで読むと、とても偉そうな事を書いていると感じられるかもしれません。一協力隊ブロガーの率直な意見だと思って、あたたかい目でお読みいただけると幸いです!

SPONSERD LINK

 

日本ブログ村協力隊ブログランキングを分析してみた

分析内容

当ブログ『とべ、UFO!』は日本ブログ村というランキングサイトに登録しています。協力隊ランキングに登録してあるブログは約170。私のブログは大体10位~30位の間をうろうろしています。ブログ村の協力隊ブログランキングはこちら

上位30個のブログの最新記事を読み、感想と使っているブログサービスをまとめました。(こちらは2014年3月30日日本時間午前3時のデータです。古くて恐縮ですが、ざっと見た感じでは現在も傾向は同じです。)

 

アメブロが人気!使われているブログサービス

1位 アメブロ(13件 43.3%)

2位 FC2 (5件 20%)

3位 ブロガー (4件 13.3%)

4位 Wordpress (3件 10%)

5位 忍者、livedoor、goo、はてな、シーサー(各1件 3.3%)

アメブロがダントツ1位、かつ90%が無料ブログ(4位のWordpressは有料)という結果でした。アメーバブログが流行っているのでしょうか?

手軽に無料で使えるブログサービスが人気という事がうかがえます。

 

ちょっと読みづらい・・・。ブログデザインに関して

正直に、「ちょっと読みづらいなあ」と思いました。(あくまでも全体的に感じた個人的主観です)。見出しを付けたり、字を大きくしたりするだけでかなり印象は変わると思うのですが…。

一方、多くのブログが写真をたくさん載せていて、生活や活動の様子がわかりやすかったです。

 

ブログランキングの感想まとめ

ブログ村協力隊ランキング上位の多くのブロガーは、友人、知人や家族を対象ブログを書いていて、任国の日々の生活の様子を伝える事が目的。だから、デザインとか読みやすさよりも、手軽に更新していける方に重きを置いているのかなと感じました。

 

協力隊のブログはあまり読まれていない

変な顔

Googleアナリティクスなどの解析ツールによる、信頼できるPV(ページビュー、ウェブサイトが閲覧されたページ数)がわからないので、参考としてブログ村のinポイントとoutポイントを参考にします。

inポイント:個々のブログからブログ村のボタンを押してブログ村ランキングを開いた件数。1件10ポイント。

outポイント:ブログ村のページから個々のブログを開いた件数。1件10ポイント。

協力隊カテゴリの1位のブログはinポイント240outポイントは1520でした。

これと比較して、総合ランキングの1位はinポイント81940outポイントは430140(こちらは6月30日23:00現在の数字)。

 

!?

 

全然規模が違う!!

総合ランキング上位のブログのテーマは、TVドラマ、ペット、食べ歩き、インテリアなど日常に関わるテーマが多かったです。協力隊というテーマはピンポイントなので、興味を持ってくれる母体数が少ないことは言えるかもしれません。

それにしても少ないことに驚きました。自分のブログの手応えやGoogleアナリティクスのデータを見ても、読んでくれるのはまだまだ知り合いが中心です(特にFacebook経由)。

 ちなみに、私のブログは月間PV2769(2014年6月、Googleアナリティクスによる分析)が過去最高です。協力隊ランキング上位のブログのPVはどのくらいなのでしょうか、気になるところです。

 

読み手は、知らない人の日常には興味がわかない(と思う)

一般人の日記は読まれません。

しかし、1つ事柄の体験記として仕上げたり、面白く仕上げる事ができれば読まれます。ブログの書き方のコツ記事を書く際の27のポイント GagaAkito.com 

その他にも、画像・写真を使う、改行を多く、内輪な話を入れないといったポイントが上記の引用記事に書いてあります。

 

ブログのアクセス数を増やすために必要な3つの見せ方(初心者ブロガー指南:Naifix)

こちらの記事では、『読みやすい文章』『読みやすいデザイン』『運営者のキャラクター』の3点が、ブログのアクセス数アップのために必要な3つの魅力だと書かれています。

知り合いのブログは読むけれど、知らない人のブログだったら読まずに閉じちゃいませんか?見た目的にも読みづらかったら、なおさら読みません。

知人中心に読んでもらうことが目的ならば気にする必要はないかもしれませんが、せっかく書くなら多くの人に読んでもらいたいなと、私は思います。

 

読み応えのあるおすすめブログ3つ

読み応えのありそうな本

偉そうなこと書いてばかりで申し訳ないのですが、読みごたえのある協力隊ブログを独断と偏見で3つ紹介させていただきます。

かつろうのカツカツ日記

マラウイ同期のかつろうくんのブログです。データが丁寧にまとめてあったり、鋭い考察が書かれているブログです。分かりやすいので、時々引用させてもらっています。

KENJIのブログ

同期でタイに理学療法士として派遣されているKENJIさんのブログです。ブログレイアウトが見やすく、データもきちんと紹介されていてブログ更新の参考になるし、勉強になるブログです。

JIBURI.com

パナマに野菜栽培隊員として活動されている宮﨑さんのブログ。面識はないのですが、Wordpress+Stinger3という、同じブログテーマを使用しているので目標にしたいと思います。『ボクのおとうさんは、ボランティアというやつに殺されました』という記事はかなり読まれているようです(Facebookで7.9万いいね!!)。

 

協力隊のブログをもっと活用できるのではないか!?

というわけで、協力隊ブログの現状としては、個人が自分に近しい人たちを対象に書いているブログが多いということが言えるかと思います。

もちろん、誰を対象に何を書くのかは個人の自由ですが、協力隊事業の理解促進、自分のアウトプットの訓練、任国の紹介、ビジネスチャンスの発見など、協力隊のブログには色々な可能性があるように感じます。

ブログではありませんが、協力隊有志による途上国の村の様子や村人の消費行動の情報発信を行う調査団があるようです。

青年海外協力隊フィールド調査団

こういった有益な情報発信が、隊員のブログでもできるのではないでしょうか。

あとは、Facebookで協力隊ブロガーのグループを作成して、同じテーマについてそれぞれ記事を書いたり、情報交換をする場を作っても面白そうだなあと思っています(多分やりませんが)。

 

余談

ちなみに、冒頭の「協力隊、ブログ、有名」で検索した2ページ目に『【おすすめ】読まないと後悔する青年海外協力隊ブログまとめ』というのがありました。私のブログはもちろん入っていませんでした(笑)。選定基準が良く分からないので気にしませんが、いずれはこういったまとめでも紹介してもらえるような人気ブログに育てていきたいです!

 

Zikomo!!(マラウイのチェワ語で「ありがとう」)

 - 青年海外協力隊について ,