2年9ヶ月続けて実感!協力隊にブログ運営をオススメする3つの理由

      2016/02/21

bsPAK85_Blogcc20141206203244

ブログを書き始めてから2年9ヶ月が経ちました。初めの頃は1日に見てくれる人の数が5人とかで、辞めようかと思うこともたくさんありました・・・。

でも、今は続けてきて良かったと心から思っています。そんな経験から、特に青年海外協力隊の方にはぜひブログ運営をオススメしたい!

今回は、そう感じる理由を書いていきます!

SPONSERD LINK

 

きっかけは帰国後研修

11月7日~10日、協力隊の帰国後研修に参加してきました。この研修の目標は「協力隊の経験を整理し、第三者に分かりやすく伝えること」。「2年間で一番伝えたいこと」などのテーマを自分でまとめ、少人数のグループ内で発表した後にメンバーからのフィードバックをもらいます。

その中でメンバーの一人から、なんと「UFOはボキャブラリーが豊富で話が面白い!」と言っていただきました。実際にボキャブラリーが豊富かどうかは置いておいて、とても嬉しかったです。

「なんでそう思ってもらえたのかなー」と考えると、思い当たるのはブログでした。

 

・ブログの記事にすることで日々の活動を整理する

・読んでもらえるよう、分かりやすいよう言葉や言い回しを工夫する

・『起承転結』の構成を意識して文章を作る

 

日々ブログを書いていると、こういうことを自然とやるようになります。今回の研修でやったことをけっこう実践しているんだなあと感じました!

 

ブログを強くオススメする3つの理由

①日々の活動・生活が整理できる

bsPP_syuunoucase

青年海外協力隊として活動していると、色々なことが起きます。段々と当たり前になり、ちょっとしたことでは動じなくなってきますが、日本で友人に話すと面白い(驚かれる)ネタが多いです。

当初は新鮮だった出来事も、時間が経つと忘れてしまったり気にならなくなります。これはもったいない!

ブログを書いていると、そういった出来事がストックされていき、読み返すことで思い出し、就活の面接や友人・職場の人たちへの活動報告のネタとして話すことができます。

 

活動を通じて自分が「面白い!」と感じることは、日本にいる人々に話しても同じように感じてもらえることです。

 

「Facebookに投稿していけばいいじゃん」と思われるかもしれませんが、Facebookだとあまり長い文章は読まれづらいです。詳しく書き残しておきたいなら、断然ブログだと私は思います。

 

②表現力・文章力が磨かれる

 1971bc67b5e88348201ffe951fc390af_s

日々の活動を整理して記録に残す事を目的として始めたブログも、続けるうちに「多くの人に読んでもらいたい!」と考えるようになると思います。そこで気にし始めるのが『どうやったら多くの人に読んでもらえるか、自分の経験を伝えられるか』。

デザインが見づらい・文章が読みづらいブログは読んでもらえません。

 

また、出来事をただ並べるだけではこれまた読んでもらえません。1つの記事に対して「起承転結」のようなメリハリを意識するようになります。

私のブログでは「専門用語は使わない」、「堅苦しい表現は柔らかく」、「印象に残るフレーズを入れる」、「自分の感情や言葉を入れる」、「3つや5つくらいの印象に残る数字でまとめる」、といったことを意識して書いています。

(意識しているのと、できているのは別物なので、「UFOもできていないじゃんか!」というツッコミはしないでください・・・。ただ、意識しないとできるようにはなりません!!)

 

表現力や文章力が今後の人生を通じても、あれば役に立つスキルなので、せひブログを通じて磨いていくことをオススメしたいです!

 

③セルフブランディングができる

 0072c364f053cae1457acbde54e8f954_s

『セルフブランディング』と書くと大げさかもしれませんが、要はブログを通じて「この人はこんな人なんだろうなあ」というイメージを読んでくれた方にもってもらえるということです。

また、ある程度読まれるブログになれば、今後自己紹介をする上で「こんなブログを書いています」と言えば信頼感にもつながるのではないでしょうか。

 

私のブログでは、

・背景の基本色は落ち着きを感じさせる青に

・主語は「私」で統一

・文章はできるだけ丁寧に

・思ったことはできるだけ率直に、自分の言葉で書く

といった事を意識して、真面目な印象を作り上げています(笑)。

(会ってから「ブログの印象とちがいますね」と言われることが増えましたが、基本は真面目です。笑)

 

会う前から良い印象を持ってもらえれば、得をすることはあっても損をすることは無いです!

 

デメリット

1つだけデメリットを感じました。『話が長くなる』ということです。

bsHIRA85_ookinaakubiwosuruneko

私のブログ記事は大体一つ2000文字くらいなのですが、一つの記事が短か過ぎないように気をつけています。そうなると、「このエピソードも入れよう」とか「このことも追加しよう」と、当初の構想に追加をすることが多いです。

これが、いざ限られた時間の中で話をしようとなると、頭に浮かんだことをあれこれ補足したくなります。

先日の研修で、「2分間で自分の伝えたいことをまとめて話す」ということをしたのですが、詳細を話さずにはいられず、結局2分50秒くらいになってしまいました。しかも、思い浮かんだことを追加して話すので、早口になってしまいます。

メンバーからは「長い。眠くなる。」と言われました。ちょっと落ち込みました(笑)。

 

話す時間や書く字数に応じて、伝えたいことを調整するということをもっと意識しなくてはいけないなあと感じています。

 

 

以上、2年9ヶ月ブログを続けて感じたメリットでした。多くの協力隊員が読み応えのあるブログを書くようになれば、「協力隊はアフリカで井戸を掘るお仕事」みたいなイメージもなくなるし、家族や友人は近況を知れて安心します。

書く時間はたくさんあるし、自分の表現力も磨けて良いことばかりではないでしょうか。この記事を読んで「ブログ始めてみようかな・・・」なんて思っていただければ嬉しい限りです!

 

ZIkomo!!(マラウイのチェワ語で「ありがとう」)

 - ブログ運営 , ,